おすすめ情報


情報


人気ブログランキング↓

歌が好き。楽器が好き!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Podfeed


年会費無料のカード!(a-t)




« 豪雪時、無駄な外出を控えるのも大事 | トップページ | 除雪ボランティア活用も ありですよ »

2006年1月10日 (火)

トランペットの洗浄と先生のタバコの香り(どへ~)

いきなりトランペット少年となった僕は、それまでの楽器嫌いがうそのように
練習ばかりしてました。

一生懸命に吹いていると、唇にマウスピースの形がついてしまって、先生から
そんなに押さえつけなくても良い」と言われ、軽く、うまく唇を振動させると
いい音がでてきて、そして疲れないんですよね。不思議な楽器だとおもいました。

そして感動したのはその構造。

複雑な管を長さを調整して、音階を出すということがスゴイと思いましたね。
とくにピストンの構造には関心しまくり。

そのピストンや管を定期的に洗浄、調整するのも子供達の仕事です。
皆はいやがっていましたが、ぼくはたのしくてしかたなかったなー。

先生はタバコを吸うので、ハーモニカの時とおなじように、こうやってやるんだと見本
をみせるときに自分のマウスピースを使わずに子供のをそのままつかうんですよ。

いまだと考えられんですね。不潔、きったなーとか言われておわりでしょう。

でもその頃は先生の「権力」は絶対的でしたから、文句も言えんかった。
それがまた、たばこのにおいですよ。

20歳になるまえに、タバコの匂いは十分体験させてもらいましたね。

予断ですが、先生は教室でタバコすってましたからね。

すごい時代ですね。児童は1クラス 48人いましたしね。


私の出品ページ
◆YAHOOオークション◆中古CDをお得に出品中 掘り出し物もあるかも さらにおまけ付き
http://openuser5.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/auctions?userID=hironcho&u=hironcho

クリックおねがいします↓
人気blogランキングへ

« 豪雪時、無駄な外出を控えるのも大事 | トップページ | 除雪ボランティア活用も ありですよ »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44659/635959

この記事へのトラックバック一覧です: トランペットの洗浄と先生のタバコの香り(どへ~):

« 豪雪時、無駄な外出を控えるのも大事 | トップページ | 除雪ボランティア活用も ありですよ »