おすすめ情報


情報


人気ブログランキング↓

歌が好き。楽器が好き!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Podfeed


年会費無料のカード!(a-t)




« 「牛」と「耕運機」の競争のはなし。 | トップページ | 男の誇り!「割り木」 »

2006年5月13日 (土)

「ひる」にくわれながらの田植え

昔(今でもいますが)

蛭という、人間の血をすう、小さな黒い、虫がいます。

昔は、たくさん田んぼに生息していたそうです。

----

田植えのシーズン。

女が、苗を植える役目です。

ご近所が協力して、横一直線にならんで、

田植え唄を唄いながら、たのしく作業をしたそうです。

いい光景ですね。

・・・・

でも、つらいことは

蛭に足をかまれて、血まみれになることだったそうです。

・・・

そのころは、いまのようなゴム長靴も当然ありません。

裸足です。

蛭は若き女性のむき出しの足を直撃できます。

かまれると、とてもいたかったそうです。

それでも、それが、当然だと思っていた当時のこと。

がまんするしか、ありません。

・・・・・

今は、乗用田植え機が、一気に何条も自動的に、植えてくれます。

蛭たちも、たまに見ますが、栄養をとる、素足がありません。

どうして、いきているのでしょうか?

----

機械化になって、辛いことや、苦しい事は、かなりなくなりましたが、

ご近所との共同作業や、唄など、そういう貴重なふれあいは、

なくなりつつあります。

・・・・

でも、昔からのなごりでしょうね。

当地では、ご近所みんな、仲良く、畑でとれた野菜などを、やりとりして、

井戸端会議もあちこちで、見られます。

---

田舎ならでは、の風景でしょうね(^^♪




DMMの月額ブロードバンド。バンダイチャンネルの豊富なアニメーションを2Mbpsの高画質で配信!!

みゅーじっくおっさんのヤフーオークションへ GO!


タイムマシンに燃料注入(人気Blogランキングへ)

« 「牛」と「耕運機」の競争のはなし。 | トップページ | 男の誇り!「割り木」 »

昭和ふるさと「かわら版」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44659/1674684

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひる」にくわれながらの田植え:

» black and white dresses []
interracial moviez busty babe interracial index sex [続きを読む]

» hung latinos []
latin tits my big fat obnoxious boss [続きを読む]

» chevrolet cavalier []
silver charm gifts for tea drinkers cross custom jewelry [続きを読む]

« 「牛」と「耕運機」の競争のはなし。 | トップページ | 男の誇り!「割り木」 »