おすすめ情報


情報


人気ブログランキング↓

歌が好き。楽器が好き!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Podfeed


年会費無料のカード!(a-t)




« 懐かしい昭和 「めんこ」 ばっちん | トップページ | おじいちゃんの「牛の捜索活動!」 »

2006年5月10日 (水)

おばあちゃんの昔話 「火の玉」の正体

93歳のおばあちゃんは、子供の頃、いろんな

話をしてくれました。

明治生まれのおばあちゃんですから、昭和をしっかり生き抜いてきた人です。

-----

今日は「火の玉」の話です。

まだ昭和の初期の話です。

いまのように、外灯など、田舎にはありませんから、日が暮れた後は

真っ暗です。

それでも、仕事から帰ってくる人は、人も、家もない、真っ暗の山道を

通らなくてはなりません。

----

その、うち、だれからともなく、

「火の玉」の話がでてきたそうです。

---

その山道を通ると、最近は必ず「火の玉」が出る\(◎o◎)/!

実際に見た人もいて、

相当、みんなおびえてしまったそうで、その道を通るひとは、

一目散に、目をつぶって、走るもんですから

つまづいて、転んで怪我をする人まででてくる始末です。

----

そんな。話を聞いた、近所の、力自慢の男。

「わしが、火の玉をやっつけたる!」

と言って、一杯酒をひっかけ、勢いづいて、真夜中に、その場所に、出かけました。

・・・・・・・

男が、その場所で、まっていると

やはり、ふわり、ふわりと「火の玉」がでてきました。

勢いで、出てきたものの、実際は怖くてたまりません。

体中が、こわばって、ふるえています。

「えーい」、ここで逃げ帰ったら男がすたる!(@_@;)」

と言いながら、

持っていた棒で、思いっきり、

「火の玉」を、叩き落したそうです。

・・・・・

するとどうでしょう・・・・

タヌキが、一目散に走って逃げたということです。\(◎o◎)/!

・・・

それから、は「火の玉」はでなくなり、

一躍、英雄になったその人は、皆から感謝されたそうです。

----

いま、その場所は、きれいな舗装がされ、国道がとおり、夜中でも、車が途絶えることも

ありません。

「火の玉」がでていても、車のヘッドライトの方があかるくて、

みえないでしょうね。

-----

本当のような、嘘のような、話ですが、なんどもおばあちゃんに、訪ねても

「本当や」

の答えでした。




DMMの月額ブロードバンド。バンダイチャンネルの豊富なアニメーションを2Mbpsの高画質で配信!!

みゅーじっくおっさんのヤフーオークションへ GO!


タイムマシンに燃料注入(人気Blogランキングへ)

« 懐かしい昭和 「めんこ」 ばっちん | トップページ | おじいちゃんの「牛の捜索活動!」 »

昭和ふるさと「かわら版」」カテゴリの記事

コメント

おばぁちゃんが昔の話をしてくれるような癒し系の語りべに憧れます。・・・でわたしも語りというものを習いたいと思っているのです。そういうサークルがあればね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44659/1674287

この記事へのトラックバック一覧です: おばあちゃんの昔話 「火の玉」の正体:

« 懐かしい昭和 「めんこ」 ばっちん | トップページ | おじいちゃんの「牛の捜索活動!」 »